« 梵鉄塊の組み立て塗装 | トップページ | 粘土埋めは出来てます »

2019年10月20日 (日)

梵鉄塊塗装2

Dscn2643

続きを書いていきます。

エナメルのクリアイエローで虹彩の部分を書いて

瞳孔の部分は下地の白を残します

Dscn2648

良い感じになったらラッカーのクリアを吹いて

コートします。

Dscn2664

瞳孔の部分をフラットブラックで書き入れます。

瞳孔のキワは少し下地の白を残してます。

Dscn2733

Dscn2736

Dscn2737

Dscn2738

良い画像が無かったので新しく撮りました。

虹彩の輪郭はオレンジと緑よりの黒で

ぼかします。

できたらまたラッカーで閉じます。

Dscn2669

着物を仕上げていきます。

イメージ的に青みがかった鉄に

少し錆が出てるという感じです。

フラットレッド フラットイエロー

オレンジを混ぜてまだらにウォッシングします

Dscn2670

Dscn2671

Dscn2672

Dscn2673

Dscn2674

Dscn2675

Dscn2676

フラットブルーやスカイブルーで

ドライブラシします。

青みが単調だったのでラッカーのクリアブルーを

吹いてみたりもしています。

Dscn2723

Dscn2677

Dscn2678

Dscn2679

Dscn2682

前回は確かアクリルガッシュのバーミリオンを

使いましたが今回はなんとなく

カドミウムレッドライトを使いました。

発色がこっちの方が明るい感じがします。

この絵の具買ったのは15年ぐらい前だと思うんですが

普通に使えました。

Dscn2690

これも今は蓋の形状が変わってます。

着物と台座部分に

メタルカラーのクロームシルバーで

ドライブラシします。

Dscn2683

Dscn2684

Dscn2686

Dscn2688

Dscn2689

Dscn2713

傷口のは面相筆で筆塗りします。

台座は下地の黒サフを残しつつ

ドライブラシしていきますが

黒サフ部分を消しすぎた場合は

またエアブラシで吹いてやり直しました。

Dscn2687

こんな感じで完成です!

自分的には割と思い通りに塗れて

台座は思った以上に鉄感が出たのが

儲けものでした。

全体に黒サフ吹いてクロームシルバーで

ドライブラシするだけでも良いかもしれません。

今回はキットの数が少なすぎたのが心残りですが

ものとしてはシンプルで良いのができたなと思います。

次はスシマスターの再生産をしようと思いますが

かなり面倒で…

前にも言った気がしますが

もうこれで再生産は最後になると思います。

 

|

« 梵鉄塊の組み立て塗装 | トップページ | 粘土埋めは出来てます »

ブラフマー/梵天」カテゴリの記事

組み立て」カテゴリの記事

スシマスター」カテゴリの記事

コメント

ブラフマーヘッド大、届きました。
相変わらず惚れ惚れする出来で、山岡さんの造形を手にして眺められる幸せを噛みしめております。
そういえば、最初の胸像からもう、8年くらい経つのですね。時の経つのは早いものです。
山岡さんの造形は迫力があるので、頭部だけでもずっと眺めていられるのですが、
いつか、ブラフマーの足まで含めた全身像を造って頂きたいと願っております。

それでは、次の作品も楽しみにしております。

投稿: sin | 2019年10月20日 (日) 14時06分

ありがとうございます!!
8年前ですか…個人的にはもっと前な感じがしますが
少しは進歩してると良いのですが。
今回の頭像は大きめなので特に見応えがあると思います。
いつか全身も作りたいですね。

投稿: 山岡 | 2019年10月21日 (月) 17時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 梵鉄塊の組み立て塗装 | トップページ | 粘土埋めは出来てます »