« 本体塗装 | トップページ | ツノと目と完成まで »

2018年3月 5日 (月)

台座塗装

台座も塗っていきましょう。
テレビで見た漆塗りの器を水研ぎして
ランダムな模様を出す技法が
面白そうだったので
真似してやってみました。Dscn1413 まず赤立ち上げの状態から
本体の塗装でも使った
黒サフに青を足したものを
平筆で無造作に塗りました。
結果的にはもう少し均一に塗ったほうが
落ち着いた感じが出るかと思います。
台座にしてはちょっとうるさいので…
Dscn1416 途中で乗せて様子を見たり…Dscn1418 スーパーアイアンも重ねて
掘った溝の中も無造作に塗る。Dscn1419 また本体に吹いた青も重ねる。
初めて水研ぎするので
どうなるかわかりませんでしたが
特に失敗するようなものでも無いので
豪快に。
Dscn1420 で、完全に乾燥させたらスポンジやすりの
ウルトラファインで水をつけながら磨きます。
意外と赤の塗膜が強くて
もっとレジンの地が出るかと思いましたが
溝のエッジで少し出たぐらいでした。
地が出ても特に気にせず進めていきます。
原型に使った木のキューブが
結構整った表面なので
変にくぼみに塗料が溜まって
邪魔になるとかはなかったですね。
Dscn1422 Dscn1423 台座の下側に青を追加で吹いてみましたが
やっぱりうるさいですね。
Dscn1425 台座の上段にスーパーアイアンを吹いて
なじませます。
部分的に黒サフをかなり薄めて吹いて
整えていきます。
Dscn1432 上段と下段のくぼみにスモークを
吹いたりしましたが
ほとんど見え無いですね。
Dscn1451 梵字の溝等にも部分的に
赤や青を筆で足して
台座完成です。
つづく。

|

« 本体塗装 | トップページ | ツノと目と完成まで »

ゴズテンノウ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1360242/73048566

この記事へのトラックバック一覧です: 台座塗装:

« 本体塗装 | トップページ | ツノと目と完成まで »