« 組み立て | トップページ | マカロン制作 »

2017年4月26日 (水)

塗装

では塗装の説明していきます。
まず表面の削りカスなどを取るため
もう一度洗っておきます。
乾いたら画像の

R0014142

R0014143
レジンプライマーサーフェイサー
(プラサフ)をエアブラシで吹きます。
………考えてみると
エアブラシで塗装するのは初心者にとって
かなりの壁な気がしますね。
……まあ買ってしまえばずっと使えるので…

最近は模型制作用のスペースで道具とかも借りれる
お店があるようなのでそういうのを使うのも良いかもしれません。

プラサフ吹いた画像は無いですが
吹いたら上に黒サフを吹いて下地にします。

R0014002
左端のは黒サフ吹いただけのもので
これでも十分です。
ちょっと色味が欲しいのでそれぞれの色で
ドライブラシしてみましたが
ダークアイアンぐらいが自分的にはしっくりきました。

もちろんドライブラシせずに手とかもきっちり
塗り分けても良いので各自、自由に塗装を
楽しんでもらえればと思います。

R0014001

ドライブラシする時は
エナメルシンナーを竹串の逆側で触って
皿に付けると少しづつ付けれます。
筆はカスカスの状態が良いので
ティッシュで拭き取りながら
軽くこするようにドライブラシしましょう。

R0013984

R0013985

R0013988

R0013992パーツごとにブラシして仮組みして
様子を見つつ良い感じに出来たら接着します。

R0014091

R0014093

R0014095
以上作例です。
チタンゴールドはあまりゴールド感無いですね。
ゴールドリーフからはお土産感が漂っている。
奈良の東大寺のお土産やさんにありそう。

自分はこんな感じで塗りましたが
後ろの扇子とかも作ってあるので
塗り分けても良いかもしれません。

塗装工程はかなりシンプルですが
下地塗装でエアブラシを使うので
持って無い場合は敷き居が高くなってしまいますね。
エアブラシは中級者向けですかね…

黒レジンVer.はそのままで黒子になるので
塗らなくても大丈夫ですが
塗装に興味が出たら塗ってみてください〜

マカロン自作編に続く

|

« 組み立て | トップページ | マカロン制作 »

マカロン黒子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1360242/70389590

この記事へのトラックバック一覧です: 塗装:

« 組み立て | トップページ | マカロン制作 »