キット通販

Dscn0859カミナガヒコのキット通販中です。
送料込みで16000円です。
nkb無人販売所
よろしくお願いいたします。
今回は複製業者にお任せしたので
気泡とかはかなり少ないですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月22日 (木)

塗装前の下処理

Dscn1359なんか並べると不良のたまり場みたいですが
気泡が多めだったものを選んで
塗装見本用にします。
(不良品ではない)あと不良と掛けてもない。
いつも塗装見本はそうしてるので
下処理が面倒なのです…
組み方の写真も撮影しながらなので
カメラが汚れるんですよね…
見本と言いつつ完成品としても
販売予定です。
かっこよく塗れるといいのですが。

しかしレジンの気泡埋めにシアノンと
ベビーパウダーを混ぜてパテにするのと
複製時のA液とB液を缶から
100円のドレッシングの容器に
入れ替えて使うのを
発明?した人にホント感謝だなと
毎回思う。何か賞でもあればいいのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月21日 (水)

複製

引き続き複製中ですが
今度はレジンが足りなくなりました…
18個ほど抜けたんですが
キューブ状のベースがレジン食いますね。
ひとまず先に塗装見本を作ろうか…
あと複製で気づいたことが
シリコン型が冷えすぎてるので
温め箱で、ある程度温めてから
レジンを流すんですが
(型を40~60度ぐらいに加熱しておくと
良いとレジンの注意書きにもある
注:レジンは危険なので加熱不可です)
複製作業がテンポ良く回りだすと
型の温度が上がりすぎて
成形品にシワが寄るみたいです。
たぶん型とレジンの温度差が
ありすぎる為だと思いますが
Dscn1336Dscn1337Dscn1338
こんな感じに…
傷跡に見えなくもない…?
幸いこれだけですが
一応これはアウトレットで出そうと思います。
塗装はどうしようかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年2月19日 (月)

モチ

Dscn1335ついでにモチも複製してます。
パーティングラインをどうするか
地味に悩んでしまった。
一面型でなんとか出来そうかと
考えたけどくびれの部分が
抜けそうになかったです。

モチはマカロン黒子に付ける予定です。
というか鏡餅黒子にマカロンが付く形に
なりますが、マカロン黒子は今更ながら
どうも作りすぎた感がありますね…
安いしもっとバリバリ売れてくれるかなと
思ったんですがそうでもなかった…
かなり良いアイデアだと思ったのに。

ショップには常に在庫があったほうが
良いだろうと思って多めに作ったら
保管場所を圧迫してきました。
やはりギリギリ売り切れる数が
ベストですね。
それが読めれば良いのですが…

塗装時はもちろん複製作業中も
防毒マスクを着けてるんですが
マスクの隙間に蒸気が溜まって
ぽたりと落ちるのが
鬱陶しい。普通に息してるだけで
かなりの量の水分を発散してるんだなと
感心しますが
レジンのコップに入ったら
悲惨なことになりそう。
何か良い方法があれば良いんですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月18日 (日)

テストショット

Dscn1333やっぱり自分で複製すると感動が違いますな。
結構綺麗に抜けて一安心です。
大きさはツノの先までで185ミリほどです。
この信越のシリコンの色
何か既視感あると思ったら
イカの塩辛ですね。
さて明日から何個抜けるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月16日 (金)

シリコン型

やっと片面流し終えました。
2キロあれば余裕だと思ってたら
1個目の片面だけで1キロ使い切って
慌ててあと2キロ買い足しました。
胸像でも首で分割してないので
結構無駄なスペースができてしまう。
かといってツノとか入るほどでもないし…

Dscn1314 ツノがないとこんな感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月13日 (火)

牛頭天王/ゴズテンノウ

Dscn1288Dscn1290Dscn1293Dscn1294Dscn1295Dscn1296Dscn1297Dscn1298Dscn1301Dscn1302Dscn1310 途中まで作って放置状態だった胸像が
やっと完成しました。
ゴズテンノウです。
1/6スケールの胸像です。
鼻ピアスも付ける予定でしたが
資料画像を検索すると
鼻がムズムズしてきたので止めました。
鼻に穴なんか開けたら鼻毛は一体どうなるのか。

ベースの木製キューブに
梵字を掘ったんですが
めちゃくちゃ硬くて
中途半端な彫刻刀では歯が立たなかったです。
滅多に使わない超音波カッターが
役に立ってくれました。
木の焦げる匂いがいい匂いですね。

粘土埋めが憂鬱ですが
なるべく早くキット販売できるよう
頑張りたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月15日 (月)

鏡開き

Dscn1238Dscn1239_2Dscn1241Dscn1242
スーパーで売ってる鏡餅に乗ってる
みかんが鏡餅と同じようなサイズだったので
開いて入れてみました。
みかんが以外と硬くてデザインナイフで
指をザックリいきそうでヒヤヒヤしました。
もし切られる方がいたら
想像よりはるかに硬いので
気をつけましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 2日 (火)

あけまして

Dscn1190 あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

黒子に持たせるように鏡餅を作ってみました。
白サフが何故かつや消しにならなくて
めんどうでした。

今年は初めて地元の神社に初詣に行きましたが
元旦の夜1時頃なら人もあまり居ないと思ったのに
すでにめちゃくちゃ並んでいて
着いた瞬間激しく後悔しました。
まさか屋台まで出てるとは…

夜中なのにギャアギャアわめく集団や
暴走族とかもいて
神社周辺に住んでる人は
毎年どう思っているんだろうか。
自分はもう初詣には一生行かないと思います。

年末年始のテレビを見すぎて
作業があまり進んでいません…。
特にオールザッツはここ数年で
一番面白かった。

今年もよろしくお願い致します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年12月19日 (火)

Dscn1171特に告知とかも何もないんですが
このままだと年内何も更新することがなさそうなので
ブラフマーヘッドの画像でお茶を濁しています。
作りたいものはたくさんありますが
中々並行して作業できない性分で
アイデアだけが溜まっていきますね。
小さいものなら並行してできるか
やってみるのもいいかもしれない。

商業がひと段落ついたら
また何か作り出しますので
よろしくです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 3日 (日)

カ塗装4

Dscn1058台座の狼も目に青サフを
細吹きします。
黒目は無い方が迫力あるかなと思い
白目のみにしました。
マスキングゾルも剥がします。
Dscn1059 噛みつき防止マスクを塗ります
エナメルのフラットホワイトと
ハルレッド、フラットブラックを
混ぜて濁った灰色を作り
ウォッシングするとモールドに溜まって
革っぽくなります。
牙も以前と同じに剥がしておきます。
Dscn1061 Dscn1062 Dscn1075 フラットホワイト多めにして
革の側面やエッジにドライブラシします。
鼻と牙以外の部分につや消しを吹いて
ほんの少しクロームシルバーでドライブラシして
毛並みを調節します。
鼻と牙にはクリアーを吹きます。
Dscn1064 ちょっと番外編
塗装で迷った時に実験台にされる
ブラフマーヘッド。
本体がかなり青っぽいので
暖色を加えたいけど赤を塗っても
大丈夫か何度もテストしてました。
Dscn1066 初めはサビ色がたまった感じに
しようかと思いましたが
あまりぱっとしないので
Dscn1077 恐る恐るフラットレッドを塗る。
Dscn1080 ちょっとづつ増やして
Dscn1081 Dscn1082 面倒になってドバッといく。
Dscn1095 かなり赤くしても
クロームシルバーでドライブラシすると
マイルドになるので大丈夫です。
Dscn1067 Dscn1068 Dscn1069 ラッカーのスーパーアイアンを狼の目と
本体にも光が当たるところに
軽く吹きます。
Dscn1085 Dscn1083 Dscn1086 本体の髪も同じように塗っていきます。
フラットレッドを筆塗りして乾いたら
クロームシルバーでドライブラシです。
Dscn1089 Dscn1090 Dscn1093 Dscn1094 撮影して確認を繰り返して
赤みを調節しました。
笛は黒サフの上から
革マスクの時に使った濁った灰色を
ウォッシングして古びた感じにします。
溝にフラットレッドを流して
つや消しを吹いて完成です。
Dscn1096 櫛はエナメルのフラットブラックで
筆塗り後ラッカーのクリアーで閉じて
エナメルのチタンゴールドと
クロームシルバーで模様を描き入れます。
もう少し工夫したほうがよかったですが
なにぶん小さいので
これが限界でした。
この模様は結局ボツにしてますが
こっちでも良かった気がします。
Dscn1102 何回も描き直して
結局この模様で完成です。
Dscn1098 斧は刃の部分を
黒サフの上にクリアーを吹いてから
刃先だけメッキシルバーネクストを吹いて
黒い部分にはマスクの革に使った
エナメルの濁った灰色を軽く
ウォッシングしました。
Dscn1099 これでほぼ完成です。
この後撮影時に赤が足りないと
感じたところに少し加えて
完成しました。
Dscn1120 あ、あと手首のグルグルにクロームシルバーで
ドライブラシしてました。
Dscn1157ベースの段差部分にもフラットレッドを
流し込んでます。
あとマスクの金具部分にも
クロームシルバーを筆塗りしてます。
忘れてました。

あまり色数使ってないのと
黒サフ→青サフが便利で工程的には
かなりシンプルだと思います。
特に黒サフ→青サフはお手軽に
立体感が出るのでオススメです。

結構長々書きましたが
参考になれば幸いです。
工程で説明が抜けてるところが
あるかもしれませんが
(思い出すたび追記してます…)
何か質問あればツイッターでもなんでも
聞いてもらえれば答えますので
よろしくです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

«カ塗装3